1. HOME
  2. 周辺情報
  3. 環境改善
  4. 2.粉じん
  5. 2-2.粉じんの抑制方法

周辺情報 環境改善
2.粉じん

Technical Information

2.粉じん

2-2.粉じんの抑制方法

粉じんの抑制について、発生・除去の観点から方法を説明しています。

(1)粉じんの発生を抑える

作業の方法や原材料の見直し

>

作業者が粉じんにさらされないようにするためには、作業方法を変更したり、工程の自動化や遠隔操作をすることで、直接作業に従事しなくてもよくなる環境にすることが最も有効です。
例えば、溶接作業では、人による溶接から、遠隔操作での自動溶接にすることで、粉じんの吸入を抑えることができます。また、加工の際、部品や機械に付着した粉じんを、圧縮空気ではなく、高圧水によって吹き飛ばすことで、粉じんの飛散が抑えられ、作業者への影響が少なくなります。
原材料の見直しも有効な対策です。例えば、粉状の原料を使用する場合、可能な限り大きな粒径のものにすることで、粉じんの発生を抑えることができます。






 

建物の構造や設備の配置を見直す

粉じんが発生する作業環境では、建物の構造にも注意が必要です。飛散した粉じんは屋内の梁や窓枠などに堆積しやすく、それらは、人の動きにより再び飛散してしまいます。
ですから、梁ならば上部を曲面にしたり、傾斜をつける、窓枠にも傾斜をつけるなどし、なるべく堆積しにくい構造にしておくことが大切です。
床と壁の境目にも堆積しやすくなりますので、直角ではなく丸みを持たせ、掃除しやすいようにしておきましょう。
設備の配置では、粉じんの発生する工程と発生しない工程を分け、屋内全体に粉じんが飛散しないように工夫しましょう。


 

「粉じん」の発生源を密閉して対策

粉じんが発生する機械や設備を密閉してしまうことで粉じんの飛散を抑えることができます。
また、原料や製品の投入口、取出口をビニールのカバーや蓋などで覆い、できるだけ粉じんが外部に出ないように工夫しましょう。

散水などによって「粉じん」の飛散を抑える

粉じんの飛散を抑える方法として、「湿式法」があります。道路や庭がほこりっぽいときに、水を撒いてほこりの飛散を防ぐことと同じ考え方です。
作業現場では、例えば、研削作業などの加工時に水や油をノズルなどで注ぐことにより、発生する粉じんの飛散を防ぐことができます。
また、粉じんを吸着しやすくした粉じん防止剤などを、ミストなどにして噴霧しておくことで、粉じんの飛散を抑えることもできます。

(2)粉じんを取り除く

発生源で取り除く「局所排気装置」

機械や設備など、粉じんの発生源にフードを取り付け、そこから空気を吸引することで、粉じんを外部に排出する装置が、「局所排気装置」です。
装置内には、「除じん装置」が設置され、そこで粉じんを取り除いた後、外部へ空気を排出します。
アピステの高性能集塵機GDEシリーズも「除じん装置」です。

フードは、作業の種類や機械の形状などにより、様々なものがあり、発生源の状態に最適なものを選んで設置することが大切です。

気流で取り除く「プッシュプル型換気装置」

作業現場の空間に「送気(プッシュ)」と「吸気(プル)」によって空気の流れを作り出し、発生源から発生する粉じんを、その気流によって補足し、一定の方向へ排出する装置を「プッシュプル型換気装置」と呼びます。

(3)粉じんの濃度を薄める

空気を入れ替える全体換気

空間内の粉じんの濃度を薄めるためには、外部から新鮮な空気を取り込み、作業する建物全体を換気することが大切です。
ただし、粉じんが多量に発生する作業現場や粉じんの有害性が高い場合は、有効ではありません。局所排気など、他の対策と組み合わせながら行う必要があります。

建物内に炉がある場合などは、熱による上昇気流を利用して換気する方法もあります。

 

前の項目:2-1.粉じんと健康障害
次の項目:2-3.粉じん作業の管理の仕方

「2.粉じん」の記事一覧へ


お客様のご要望に
スピーディにお答えします。

TEL0120-945-354 FAX0120-997-589

電話受付:月~金曜 午前9時から午後5時30分まで。土・日・祝および当社休業日は受付しておりません。FAX:24時間受付。