1. HOME
  2. 商品情報
  3. 環境機器 高性能ミストコレクタ GME-S/GME-R series
  4. ミストコレクタの選び方

環境機器
ミストコレクタの選び方

GME-S/GME-R series

営業対応をご希望の方

カンタン機器選定サポート

カンタンな質問にこたえていただくだけで、
担当営業が最適な機種選定をサポート致します。

GME シリーズの選び方

ミストコレクタは必要風量をもとに機種を選択します。以下の順番で必要風量を確認してください。

オイルミスト発生源の気密性が高い場合

Q = (A×B×C)×N
Q: ミストコレクタの必要処理風量(m³/min)
(A×B×C): 加工室の容積(m³)
N: 1分間あたりの換気回数(N/min)
換気回数は4~8回で任意に設定

オイルミスト発生源の気密性が低い場合

Q = A×B×V×60
Q: ミストコレクタの必要処理風量(m³/min)
A×B: 開口面積(m²)
V: 風速(m/sec) (=0.5m/sec)

機種選定例 (オイルミスト発生源の気密性が高い場合)

A=1000mm、B=1000mm、C=1000mmのNC旋盤に取り付けるミストコレクタを換気回数8回で選定する場合。

①ミストコレクタの必要処理風量を算出します。

Q = 1×1×1×8 = 8.0(m³/min)

②ミストコレクタを仮選定します。

最大風量が①の必要処理風量を上回る機種を仮選定します。今回の場合は最大処理風量が11m³/minのGME-S750になります。

③直管部の長さを算出します。

1.0 + 1.0 + 0.5 = 2.5(m)

④曲り部の直管相当長さを表1から換算します。

曲り部のR/Dが1.5なので、直管相当長さは表1から10Dです。曲り部が2か所であることと、②で仮選定したGME-S750の吐出口に接続するダクト径がφ125であることから、ダクト曲り部の直管相当長さは、次のように換算できます。

10×0.125×2 = 2.5(m)

⑤合計直管相当長さを算出します。

2.5 + 2.5 = 5.0(m)

⑥ミストコレクタを選定します。

⑤で求めた合計直管相当長さの抵抗曲線と②で仮選定したミストコレクタのP-Q曲線との交点をみます(図1)。図1よりダクト直管相当長さが5m時の風量は10.2m³/minとなり、①で求めた必要処理風量を上回るので、GME-S750を選定します。


※ダクトの種類により値が変わります。詳細はダクトメーカーにご確認ください。

お客様のご要望に
スピーディにお答えします。

TEL0120-945-354 FAX0120-997-589

電話受付:月~金曜 午前9時から午後5時30分まで。土・日・祝および当社休業日は受付しておりません。FAX:24時間受付。