1. HOME
  2. アピステ塾 lesson5 後になって困らないためのチラー選び方について
  3. アピステ塾 lesson5cold 後になって困らないためのチラー選び方について
  4. アピステ塾 lesson5pump 後になって困らないためのチラー選び方について

チラー選定の流れ チラーの冷却能力の計算 チラーのポンプ能力の決定

■ポンプ能力の決定方法(揚程※の求め方)

揚程※(ポンプの液体を押し上げる高さ)を満たすことがチラー選びの必須条件です。
冷却水を循環させるのに必要なポンプの力は「揚程※」で表すことができます。
揚程※は、チラーと負荷(装置)をつなぐ配管の状況によって変わります。
以下に、配管条件等から、揚程を算出する方法をご紹介します。

配管長さや継ぎ手の形状、数を直管長さに換算します。

●ステップ1:配管長を求めます。

チラーから装置までの配管の長さ:
3+5+4=12m×2(往復分)=24m・・・①

●ステップ2:継手の抵抗を直管長さに変換し、配管長に加えます。
継手の直管相当長を表より求めます。

ショートエルボ・ロングエルボ 管継手及び弁類の直管相当の長さ

表より・・・ねじ型90° ショートエルボの25A→1.6m
1.6×4(カ所)=6.4m・・・②
①+②=24m + 6.4m = 30.4m・・・③

継手の形状によって抵抗が変わるため、上記の表にて
直管長さに変換した時の値を確認します。

※揚程:ポンプの「液体をあげる高さ」をいい、単位は「m」です。ポンプが単位重量の液体に対して実際に与えるエネルギーを表します。

●ステップ3:流量と配管径から「損失水頭※Hf(m)」を求め、「ステップ2」配管長合計にかけます。

流量30L/min、配管径25Aの場合、右グラフより
Hf=0.04Hf(m)・・・④
③×④=30.4 × 0.04 = 1.2m・・・⑤

ウィリアム・ヘーゼン公式のグラフ

※損失水頭:管の摩擦による圧力を配管の径別、流量毎に配管1m毎の長さで表したもの。

※ウィリアム・ヘーゼンの公式
Hf=5.4775×10-3・C--1.85・D-4.87・Q1.85・L・α
(D:管の内径、Q:流量、L:菅の長さ、α:安全率)

●ステップ4:チラーから装置までの上昇高さを「ステップ3」の値に加え、揚程を算出します。

配管長さや損失水頭に換算し、上昇高さを加えれば「揚程に」

チラーから装置までの高さ:5mの場合・・・⑥
⑤+⑥=1.2(m)+5(m)=6.2(m)

必要な揚程は6.2m・・・⑦

●ステップ5:4で算出した揚程を満たすポンプを選定します。

グラフに示されたチラーの揚程能力は、流量30L/minのときは
揚程が19m(60Hzの場合)。従ってこのチラーの揚程能力は必要揚程(6.2m)を満たしてます。

19m > 6.2m

チラー選定の流れ チラーの冷却能力の計算 チラーのポンプ能力の決定

アピステ塾