技術情報

技術情報 トップへ

制御盤用クーラー

シリーズトップへ

周辺機器選定方法

ブレーカとトランスの選定
●ブレーカの選定

ブレーカの容量を選定する目安は、下表を参考にしてください。

電源 適用ブレーカ容量(単位:A)
単相100V
単相200V
三相200V
該当の制御盤用クーラーの消費電流(MAX値)の3倍以上
●トランスの選定

400Vの電源からFAクーラーを使用する場合、トランスの容量の目安は下表を参考にしてください。

電源 トランス容量の求め方(単位:VA)
単相100V 100V×該当制御盤用クーラーの起動電流(A)
単相200V 200V×該当制御盤用クーラーの起動電流(A)
三相200V 200V×該当制御盤用クーラーの起動電流(A)×√3

注 : √3=1.732

ただし、必要以上にトランス容量が大きくなるのを回避する場合、下記のような計算方法もあります。

〈定格電流によるトランス容量〉
・三相200Vの場合、

定格電圧(V)×定格電流(MAX)(A)×√3・・・(1)

〈瞬時的な過負荷に対し、使用可能な容量を3倍(経験値)とみなしたトランス容量〉