1. HOME
  2. 商品情報
  3. 制御盤用クーラー
  4. 大型
  5. 主な特長
大型クーラーENC series 国内最大クラスの冷却能力 天井タイプ・3500W、側面タイプ5500W

国内最大クラスの冷却能力

国内最大クラスの冷却能力

生産ラインが大型化・高速化・多機能化すると、それにともなって動力機器・制御機器の出力は大きくなります。大型のインバータやサーボユニット、また電力機器などは非常に大きな熱を発生し、機器自身の熱劣化とともに、熱による思いがけないヒートダウンはライン停止や原材料の供給停止といった大きな損失につながります。そこでアピステは超大型盤用クーラーを開発するにあたり、より安全に、より安定した冷却を行うためのさまざまな新技術を開発・導入しました。

大型天井タイプ

2重外気遮断パネル

冷却能力3500Wという国産の盤用クーラーでは最大クラスの天井タイプがENC-A3500EXです。大型インバータ盤などで従来複数のクーラーを使用されていたところは、これ1台で十分な熱対策が可能になりました。2重ドレンパン構造や各種安全対策を装備した安心設計です。

2重ドレンバン構造

大型側面タイプ 

大型側面タイプ

国内最大の冷却能力5500Wを実現するために、送風ファンには新型バックヤードターボファンを採用し、風量も18m3/minという大風量。静圧も向上し、大型制御盤の盤内に冷風を効率よく、かつ遠くまで行き渡らせる盤内循環を実現します。