1. HOME
  2. 番外編
  3. 安全規格について
  4. 国際規格

番外編 意外と知らない!?ビジネスで役立つトピックス

北米・中国の安全規格

安全規格について

UL(安全規格)

北米(カナダ含む)の電気製品に対する規制では、輸入製品が原産国の第三者の認定試験所で認証を取得することを義務付けています。労働安全衛生局(Occupational Safety & Health Administration:OSHA)が認定した検査機関は国家認定試験機関(Nationally Recognized Testing Laboratories:NRTL)と呼ばれています。アメリカ保険業者安全試験所(Underwriters Laboratories:UL)、インターテック(Intertek Testing Services NA, Inc.:ITSNA/※旧:Electrical Testing Laboratories:ETL)、カナダ規格協会(Canadian Standards Association:CSA)、など複数社が認定されています。認証を取得した製品は認証ラベルの貼付が許され、各認証機関が定める表示項目・表示方法に従い表示されます。

中国強制製品認証制度(CCC制度)

CCC制度(China Compulsory Certificate system、中国製品安全強制認証制度、中国製品強制認証制度、中国強制認証:「CCC認証」)とは、中華人民共和国国内に輸入される製品に対して国内技術の標準に適合し輸入が認められるかを中国政府によって審査され認証が与えられる制度です。国家安全保護、詐欺行為防止、人体の健康もしくは安全の保護、動植物の生命もしくは健康の保護、環境保護を目的に「強制認証製品目録」に記載されている製品はCCC認証を行い、認証マークを表示しなければ、出荷、販売、輸入または他のビジネス活動で使用することが出来ません。この「強制認証製品目録」は不定期に更新されます。更新情報は市場監管総局と国家認証認可監督管理委員会のホームページで確認することが出来ます。

生産性向上・環境改善に役立つ情報をお届けします。 メルマガ登録
番外編