技術編 「どこで調べたらいい?」をここで解決!ニッチな技術情報集

チラーの選び方基本

チラーの選び方について

チラー選定の重要性

チラーは安定稼働のため、装置の使用条件・設備使用状況に合致したものを選ぶことが大切。チラー設置場所・配管距離形状等にも注目を。

チラーの選定

チラー選定にあたっては、使用条件・使用状況とチラーの機能・性能・仕様をマッチさせることが大切です。
このマッチング作業をおろそかにすると、実際に運転を開始してから、期待した性能を発揮しなかったり、冷却対象となる機器やチラーそのものがトラブルを起こしたりする事態に至ることも考えられます。
ワーク(冷却対象)の設定温度や熱量の問題に加えて、例えば、ワークとチラーをつなぐ配管の太さ・長さ・形状によって揚程が変わるなど、他の設備装置と比べてもチラーの機種選定は単純ではありません。
そこで本巻では、設備に適したチラーを導入するための選定方法について分かりやすくご紹介いたします。

チラー画像
さまざまなチラーの導入イメージ

チラー選定の4つの確認・決定プロセス

前述の通り、チラーは冷却対象の設備・作業にあった製品を選定することが重要です。最適なチラーを選定するには、使用条件を確認しながら決定していくプロセスがあります。次にご紹介する4つの確認・決定プロセスをおさえて、しっかり設備にあったチラーを選定していきましょう。

1 ワーク 2 循環水の温度 3 空冷⇔水冷 4 冷却水ワーク(装置)入口・出口温度 5 配管長 6 配管径 7 継手
チラーとワーク(冷却対象)の構造図

チラー選定手順-1:循環水の温度を決める

ワーク(チラーの冷却対象となる装置や作業)の最適温度から、循環水の温度を決定します。

  1. 冷却するワークの最適な温度を決定します。
  2. 循環水の温度を決定します。

チラー選定手順-2:冷却方法を決める【空冷⇔水冷】

3. 空冷式チラーと水冷式チラーどちらを導入するかを決定します。空冷式チラーでは排熱が発生し、水冷式チラーでは室内に排熱が発生しませんが循環水のほかに冷却水が必要となります。そのため、設置環境により冷却方式を検討する必要があります。

空冷:外気との熱交換で循環水を冷却。冷却水は不要ながら、室内に排熱が発生。 水冷:冷却水との熱交換で循環水を冷却。室内に排熱は発生しないが循環水の他に冷却水が必要。
空冷チラー・水冷チラーの特長と内部構造図

チラー選定手順-3:冷却能力を決める

ワーク出口・入口での冷却水温度と循環水の流量によって冷却能力を算出します。

4. ワークへの冷却水の入口温度・出口温度より、チラーの冷却能力を決定します。

チラーの冷却能力の決定方法について詳しくは下記をご参照ください。

≫ 冷却能力の決定法 参照

チラー選定手順-4:ポンプの能力を決める(揚程を決める)

配管状況によってポンプに求められる能力が決まります。

5.配管長(配管の長さ) 6.配管径(配管の太さ) 7.継手により「揚程」を決め、その揚程によってポンプの能力を決定します。

チラーのポンプ能力の決定方法について詳しくは下記をご参照ください。

≫ ポンプ能力の決定法 参照

精密チラーの商品情報

アピステでは様々な冷却用途に対応したチラーユニット、PCUシリーズを製造販売しています。詳しい製品情報についてはラインナップおよび商品カタログをご覧ください。

チラー関連の特集

チラーについてのさらに詳しい情報やチラーの仕組み、導入事例(アプリケーション)については「チラーまるわかりガイド」をご覧ください。

技術編